医師の紹介

挨拶

院長  陶山 芳一

陶山 芳一 (すやま よしかず) 
昭和24年生まれ

当院は祖父 吉喬(ヨシタカ)が昭和14年に開業し、昭和28年 父 芳彦が継承しています。
地域の方々とのお付き合いは3代70年以上で、祖父の診察を受けた患者様は90歳以上となり、さすがに少なくなりました。
父母と交流のあった方々が今も来院され、昔の事などを教えていただいております。
身近な地域の医療機関として、専門的なことの他、病院紹介、介護や健康相談など、お気軽にお申し付けください。

消化器病、肝臓病を専門としていますが、風邪や生活習慣病、認知症、在宅診療にも取り組んでおります。


院長  陶山 芳一

趣味

墨彩画、写真、読書、自転車旅行・競技、日本トライアスロン協会会員
2003年 病院退職記念にドイツロマンチック街道~アルプスを越えて、イタリア~ニース1,200kmを走破。
2009年 名古屋~東京、2010年 倉吉~下関、銚子~仙台、2011年 富山~秋田、2012年弘前~竜飛岬など自転車旅行。
2012年より比叡山、菰野、伊吹山、大台ケ原、乗鞍、等のヒルクライムレースに参加中。

専門とする疾患など

内科,消化器,肝臓疾患,超音波検査

所属学会・認定医など

所属学会
  • 日本内科学会
  • 消化器病学会
  • 肝臓学会
  • 超音波学会
  • 日本法医学会
  • 日本Ai学会
  • 日本認知症学会

資格

  • 総合内科専門医
  • 消化器専門医
  • 肝臓専門医
  • 超音波指導医
  • 日本法医学会死体検案認定医

略歴

京都市立紫野高校卒
昭和51年 昭和大学医学部卒
京都第一赤十字病院 消化器科にて肝臓専門医として、平成8年副部長として、肝癌の治療やC型肝炎のIFN治療などに従事
平成15年 内科(消化器・肝臓)開業し、特別養護老人ホーム配置医師、北警察警察医 を兼任
高齢者医療、認知症などの診療や北区の死体検案に従事 

最近の論文など

2016年     

2014年

京都医学界誌「C型慢性肝炎・肝硬変で経過観察中に肝発癌した10症例の検討」

京都医学界誌 「かかりつけ医による認知症50例の検討」

2013年京都医学界誌 「検死における自殺例及び入浴中死亡例の検討」
2012年超音波医学 「急性大動脈解離検死例における autopsy ultrasonographyの意義」
2010年京都医学界誌 「臨死時画像診断の検討」
2003年「ターミナル・セラピー」(肝癌のターミナルケア)自費出版
2001年京都医学界誌 「肝細胞がんの治療選択-内科的治療か外科的治療か」
1987年日本癌治療学会雑誌「超音波ガイドエタノール注入法」
に対して京都府医師会より学術賞受賞)

講演発表

2018年4月

日本内科学会総会「死体検案における大動脈解離の画像診断」予定

2017年6月

日本法医学会「死体検案におけるAUSの有用性」

2015年10月  

京都医学会 C型慢性肝炎経過観察中肝発癌例の検討

2015年8月Ai学会 「死体検案における超音波検査の意義」
2015年3月広小路カンファレンス「かかりつけ医による認知症50例の検討」
2014年10月超音波学会「検死における超音波検査の試み」